PSRI 早稲田大学パブリックサービス研究所


2020年度 パブリック・ディスクロージャー表彰
表彰制度の概要

主  催
早稲田大学パブリックサービス研究所
審査対象

地方公共団体の財政情報に関する平成30年度以降の決算に係る開示物。

審査はアニュアル・レポート、ポピュラー・レポート、マネジメント・レポートの
部門ごとに行ないますが、特に開示形態は問いません。
審査方法
早稲田大学パブリックサービス研究所の研究スタッフによる第一次審査と
専門委員による第二次審査の2段階で行います。
審査委員
審査委員長 神野直彦(日本社会事業大学学長、東京大学名誉教授)
審査委員 岡部直明(日本経済新聞社客員)

柴 健次(関西大学教授)

鈴木文彦(株式会社大和総研金融調査部副部長/主任研究員)

小林麻理(早稲田大学政治経済学術院教授)

審査項目
1 自治体のプロフィール、取り巻く環境等 情報の網羅性
2 自治体の財政状況及び運営状況に関する要点の説明、重要な事項 の分析、それらに基づく取り組むべき課題等の説明 目的適合性
3 貸借対照表などの財務4表を中心とする財務情報 情報の網羅性
4 行政運営に関する中長期的な趨勢 情報の網羅性
5 理解可能性(わかりやすさ) 理解可能性
6 図表、ビジュアル等を含めた全体のデザイン ビジュアル・
デザイン性
7 情報開示に対する取組・姿勢 開示姿勢
8 その他独自性・先進性のある工夫と実践 独自性